新生児のあせもにも使えるファムズベビー

生後6ヶ月くらいの頃から、お尻や首、腕の関節部分に小さいプツプツとした湿疹のようなものが出始めました。
少し暑い時期だったので汗疹かな?もしかしたら湿疹かな?と思って良く洗うようにしていましたが一向に治りませんでした。
小児科を受診すると少し強めの塗り薬を出されました、私は赤ちゃんに強めの薬はなるべく塗りたくないと思っていて、それなら何か自然派で肌に優しい物はないかと探していた所、ママ友がファムズベビーを進めてくれました。

 

いままではドラッグストアーで手軽に買えるごく普通のファムズベビーを使用していましたが、もしかしたら我が子は肌が敏感なのかも?と思い、ファムズベビーを試してみる事にしました。ファムズベビーは新生児から使えるあせも肌に優しい商品ですから安心です。

 

お風呂で良く体を洗った後につけてみると、ものすごく良い香りがして育児で疲れている私はこの香りが好きで毎日のお風呂が楽しみになってしまったくらいです。
赤ちゃんの肌も特に赤くなるとか痒みが出るといった事はなく、肌にも合っているようでした。
1週間くらい使用した頃から汗疹のようなプツプツがほとんど消えていきました。首元の赤みも引いて赤ちゃんらしい本来のすべすべな肌に戻ってきました。

 

乾燥させると逆に肌トラブルを起こしやすくなり、アレルギーを引き起こすと聞いていたので、もしかしたら今まで使用していたファムズベビーは潤いが足りていなかったのかもしれません
少しお値段は高いですが、さすが人気の商品だなと良さを実感しました。

 

私のファムズベビー口コミ | 赤ちゃんに使って大丈夫?成分も調べて使ってみた
こちらの方はファムズベビーを使用しつづけて、首周りのあせもがよくなったようですね。

 

赤ちゃんのあせもの基礎知識と予防ケア

 

赤ちゃんの汗の分泌と基礎知識

赤ちゃんは身体の機能がまだまだ未熟で、汗で体温調節をしているため大量の汗をかきます。しかし汗腺も未発達なため詰まりやすく、肌トラブルを起こしやすい原因となっています。

 

 

あせもとは?どこにできる?

大量に汗をかくことで皮膚がふやけ汗腺がふさがれてしまい、その皮膚の内側に汗が溜まり炎症を起こす事で水泡や丘疹ができます。それがあせもです。首の周り、おでこ、脇の下、背中、手足のくびれなど汗をかきやすいところが要注意です。あせもには種類があり、新生児に起こりやすい小さく白い水泡ができる水晶様汗疹、日本では珍しい皮膚の深い所でおきる深在性汗疹、あせもの中では最もポピュラーなかゆみの伴う赤いブツブツができる紅色汗疹 の三種類です。

 

 

汗疹の予防

肌を常に清潔に保つ事が大切です。そのためには衣服は通気性の良い物を選び、汗をかいたらこまめに拭いてあげて、着替えさせてあげましょう。暑い季節はエアコンで温度調節をして必要以上に汗をかきすぎない環境を作ってあげることが大切です。お風呂上りに汗のかきやすい箇所にベビーパウダーを叩いてあげることにより汗が蒸発しやすくなって予防には効果的です。

 

 

あせもが出た時の対処

かゆみが赤みが強い時は幹部を冷やしてあげると効果的です。あせもはかきこわしてしまうと、細菌に感染し化膿してしまったりとびひになる可能性もあるので注意が必要です。また、体温の高まりが痒みを増してしまう原因になるため、症状が重たい時はお風呂の際湯船に浸かる事は避けてシャワーですましましょう。あせもの面積が広い場合や痒みが強い場合は早めに皮膚科を受診して軟膏を処方してもらいましょう。